アルバイトが利用できるカードローンは審査に通るかどうかで選ぶ

アルバイトやパートがカードローンを申込むには

  • 安定した収入が必要
  • もちろん20歳以上である

これらを満たしていれば申込む事は可能です。ではどこでも申込んで良いのか?ということになるとそうではありません。

収入が少ないアルバイトはしっかり与信を審査してくれるカードローンを選べ!

アルバイトでも条件が揃えばどのカードローンでも申込めますが、審査に通るか通らないかはまた別の話になります。ただでさえ収入の少ないアルバイトでは審査はカードローン業者のリスク回避のため審査は厳しくなってしまいますので

 

 

アルバイト収入の与信をしっかり審査してくれる業者に申込まなければなりません。


アルバイト収入の与信をしっかり審査してくれる業者ってどこ?

銀行カードローンは消費者金融よりも少し金利が低い分、少しでもリスクは負えない為に審査が厳しく、更に審査を保証会社に委託しています。ですが、

 

 

大手消費者金融はその銀行の保証会社をこなすほど審査能力は高く、アルバイトの収入の与信をしっかり見てくれます。


保証業務をしている大手消費者金融
SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス
三井住友銀行カードローンやその他多数の銀行カードローンの保証業務を兼務
アコム 三菱東京UFJ銀行カードローンやその他多数の銀行カードローンの保証業務を兼務

収入の少ないアルバイトのカードローンでの借入は利息を少なくしたい

プロミス・アコムには無利息サービスもありますので当初の利息も少なく、

 

 

早期返済で銀行カードローンよりも利息を圧縮する事も可能すのでアルバイト向けのカードローンと言えます。


ただし、プロミスとアコムの無利息サービスには若干の違いがありますので、理解してから申込むようにしてください。

プロミスとアコムの無利息サービスの違い
プロミス 三井住友銀行カードローンやその他多数の銀行カードローンの保証業務を兼務
アコム 三菱東京UFJ銀行カードローンやその他多数の銀行カードローンの保証業務を兼務

最短即日融資も可能!アルバイト収入の方に最適なカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

借りる前よりも借りた後?アルバイトはカードローンをこう利用する

アルバイトだからという理由だけで融資を断られるということはない

アルバイトであっても安定した収入を得ていればカードローンを利用してお金を借りることは可能です。消費者金融に限らず、銀行のカードローンであってもアルバイトを融資対象としているところはたくさんありますので、基本的にはどこに申し込んだとしても

 

 

「アルバイトだから」という理由だけで融資を断られるということはないでしょう。


アルバイトでも利用できるカードローンということで探す場合、ほとんどのところで利用可能になっていますので、カードローンを利用するにあたりそれほど心配する必要はありません。

借りた後の返済の事も考えておく事も重要

そのため、アルバイトの人がカードローンを利用するということであれば「どこから借りるか」ということよりも「借りた後」のことを心配した方がよいでしょう。カードローンというものは、借りる前よりも借りた後の返済が長く続くものです。特に

 

 

アルバイトでの収入の中から毎月の返済金額を捻出するのは簡単なことではありません。


そのため、少しでも返済しやすい業者でカードローンの利用をすることが重要となってきます。たとえば少しでも金利の低いところで借りるとなれば、消費者金融ではなく銀行カードローンを利用した方が良いですし、

 

 

毎月の返済額や返済日などに融通が利きやすいということであれば消費者金融がおすすめです。


金利だけにとらわれて業者を選ばない事も大切

ここで重要なのが、返済については「金利」だけにとらわれないという考え方です。金利が低くなれば確かに返済もしやすくなるというメリットがありますが、その半面融資を受けるための審査が厳しくなる傾向にありますので必要なお金が借りられない可能性もあります。

 

また、返済というのは何も毎月の支払金額だけでなく、たとえばそれに伴う手数料や交通費などが必要になるかどうかも含めて考えなければなりません。

 

こうした事情を考慮すれば、収入に限りのあるアルバイトの場合は自身の現状をふまえて返済というものがいかに「しやすい」業者かどうかを見極めてカードローンを利用することが大切です。また銀行での即日融資よりも消費者金融の審査のうほうがスピーディなので結果をすぐに得られます。

 

参照:アルバイトでもお金を借りる方法があります

銀行や消費者金融などからお金を借りる際に必要な書類とは

お金を借りること自体はそれほど難しいことではなくなりつつありますが、それでも最低限これだけは必要とされるものに「身分証明書」があります。これはお金を借りる先が銀行であっても消費者金融であっても基本は同じであり、どこの誰だか素性の知れない人に対しては融資はできません。

 

身分証明書として使用可能なものとしては、運転免許証や健康保険証、パスポートなどが挙げられます。基本的にお金を借りることができるのは20歳以上であるということが要件となっていますので、

 

 

ほとんどの人は運転免許証などの書類を持っているため問題はないでしょう。


逆にいえば、これらの身分証明書類をそろえられない場合にはお金を借りることができないということになります。

 

消費者金融や銀行などでお金を借りる場合にはほとんどのケースでは運転免許証などの身分証明書があればそれで可能ですが、お金を借りる金額によってはさらに収入証明書が必要になる場合があります。収入証明とは、その人が

 

 

どれぐらい収入を得ているのかといったことを証明するための書類


であり、たとえば給与明細や源泉徴収票などがそれにあたります。この収入証明が必要になる場合としては消費者金融の場合は50万円以上の融資を受ける場合が挙げられます。また、消費者金融とは基本的に融資を行うための根拠となる法律が異なる銀行のカードローンの場合は収入証明が必要となる金額が100万円からとなります。

 

つまり、銀行からお金を借りる場合であれば100万円までの融資であれば給与明細などの用意をすることなく借入を受けることができるということです。もっとも、このあたりの規定については実際のところは融資を行う業者ごとに異なるというのが現状です。即日融資を希望の場合はもちろん50万円以下の小額希望にしておかなければ審査も通りません。

 

消費者金融では50万円まで、銀行の場合は100万円までであれば収入証明が不要というのは、あくまでも一般論であって実際にはこの限りではない場合もあります。そのため、実際にお金を借りるにあたっては借入を受ける先に確認をするというのが最も確実なものといえるでしょう。しかし審査結果如何では必要書類を揃えても希望通りの融資を受けれるかどうかは定かではありません。

カードローンはアルバイトでは使えないという先入観は捨てよう!

正社員でなくてもカードローンは申込める!

カードローンといえば、「ローン」という言葉が使われていますのでついつい

 

 

正社員でなければ利用ができない


と思われがちですが、最近ではカードローン商品のほとんどがさすがに無職でお金を借りることはできませんが、アルバイトで収入を得ている人であっても利用可能なものとなっています。アルバイトでも利用可能なカードローンとして、最も多くの人がイメージするのが

 

 

  • アコム
  • プロミス

をはじめとする、いわゆる「消費者金融」と呼ばれるキャッシング業者です。もともと消費者金融の多くは、融資を行う対象として

 

 

正社員以外のパートやアルバイトで収入を得ている人も含めて貸付


を行っており、その姿勢は業界の再編で大手都市銀行の傘下となった現在においても変わりはありません。

アルバイトなら無利息期間のある消費者金融が便利

また、消費者金融業者の中には、契約の際に一定期間の無利息期間が用意されているところもありますが、こうしたサービスについてもアルバイトで収入を得ている人が利用をしても正社員で働いている人と同様に受けることができるというメリットがあります。

 

もちろん誰でも無条件にカードローンの利用ができるというわけではなく、

 

 

実際にお金を借りるためには審査に通過する必要


がありますが、それでもアルバイトだから審査そのものが受けられないといったこともありませんので、申し込み自体は可能です。アルバイトでも利用できるカードローンは消費者金融だけではありません。三井住友銀行などの

 

 

大手都市銀行が展開するカードローンにおいてもアルバイトを融資の対象


としています。こちらも、消費者金融と同様にアルバイトだからといって受けられるサービスの内容に変化はなく、申し込みに際しては特に問題なく行うことができます。

 

なおアルバイトで収入を得ている人の場合、そのほとんどは正社員に比べるとトータル的な収入は少なくなります

 

もちろん中には例外的なケースもあるかもしれませんが、こうした理由から、消費者金融業者の中にはアルバイトで収入を得ている人の場合は

 

 

融資の上限金額に制限を設けているところもあります


ので注意が必要です。

カードローンとアルバイトの関係

カードローンとは極度方式契約という形で借り入れることになります。これは最初に限度額を決めてその額の範囲内であれば何度でも借りることができる方法です。例えば50万円と決められた場合、最初に20万円を借りて5万円を返したとします。

 

 

アルバイトでもカードローンの利用は可能なのかなぁ・・・


そうすると15万円を借りたことになりますから残りの枠は35万円になります。その都度の契約は極度方式貸付といいますが、これは信用があるからできるわけです。では、アルバイトの人でもこうした形の金融サービスは利用できるのか?といえば

 

 

条件を満たせばカードローンを利用できる可能性は十分にあります!


具体的にいいますと安定した収入を得ているかどうかで利用できる場合とできない場合があります。

カードローンを取扱う金融機関の違い

また、カードローンを取扱う金融機関の方向性に違いにも影響を受けます。例えば、銀行以外の消費者金融や信販会社のような貸金業者のカードローンであれば総量規制の対象となります。

 

 

消費者金融のカードローンだと総量規制の範囲内なら融資可能ってことかなぁ・・・


しかし無担保や保証人なしで利用できるカードローンの場合は少額の貸付であればアルバイトのような非正規雇用であってもしっかりと評価した上で返済能力があると判断されれば利用が可能となるのです。

 

 

総量規制で計算される金額はあくまでも上限であって実際に融資可能な金額は返済能力によって決定されます!


アルバイトで得た収入であろうとも同じ勤務先でのアルバイトの継続期間が長くそのアルバイト先との連絡が可能で在籍確認を行うことができれば、その返済能力に応じた融資額が決定され実行されるケースも少なくはありません。

アルバイト先への在籍確認は大丈夫?

その在籍確認に関してですが殆どのカードローンでは電話連絡によるもので中にはSMBCモビットのような電話なしで在籍確認が行われる申込み方法もありますが条件的にアルバイトという雇用形態の立場では利用することができないので

 

 

電話連絡以外の方法での在籍確認を希望するのであれば相談できるプロミスでのカードローンの申込みがおすすめです。


カードローンの審査で有利となるアルバイト収入の条件

アルバイトのような非正規雇用の場合、1ヶ月の収入の大小よりもくむしろ継続性のある収入のほうが評価が高いのです。

 

 

短期的なアルバイトの高額収入よりも継続的な安定したアルバイト収入のほうが信用度は高いのです。


また、消費者金融のカードローンの場合は総量規制の対象となる為、1ヶ月の収入が多くてもアルバイトを開始して2ヶ月程度であれば現実的に見込み年収の1/3の上限で融資してもらえるかといえば殆どのケースで不可能といえるでしょう。その他、

 

 

アルバイト収入を得ている学生の場合は20歳未満での申込みは行えないません。


ですが、カードローンには取扱う金融機関によってはアルバイト収入がある20歳以上の学生であっても、学生は利用できないという条件のカードローンもあるので申し込み時にはよく確認することです。

 

最後にカードローンは基本的に使い道が自由なので利便性が高いことから様々な目的で利用されています。確かにアルバイトと正社員を比較した場合、全体的に見ればアルバイトという属性のほうが評価は低くなります。

 

但し、各個人によって状況は様々であることから同じアルバイト先での勤務継続期間が6ヶ月以上あり、融資希望額も10万円以内の申込みであれば利用できる可能性も高いでしょう。

アルバイトでカードローンを利用した体験談

借金返済で追い込まれる

 

借金は基本的にするものではありません。確実に返済できる見込みがある場合に限り借金しても悪くはないと思いません。そもそも、貯金もないのに借りるというのはあまりにも安易過ぎます。

 

例えば借金返済を通常の収入からする場合、急な出費で返済ができない時に預金から返済するようになれば、確実に借金は減っていきます。

 

しかし、そういった預金がない人に限って借金をするものですから万が一の出費があった場合、対処ができず無駄な金利余計に払う羽目になったりさらには借金が増えたりといった状況に陥るのです。

 

借金の返済は自動的に引き落とされるような仕組みにしておく事がズルズル長期返済にならないようにするひとつの方法でもあります。

 

なので、借金するのであれば月々決まった金額を返済するような借金でなければ極力、利用するのは見送るべきです。例え、月々の金額が決まっていても支払い最低金額が金利だけという借金を利用してしえば業者の思うツボです。


大学生ですぐにお金が必要な時の対応

 

大学生は学費や生活費など多くのお金が必要になります。学費などは親に払ってもらうことが多いです。裕福な家庭なら良いですが、家計が苦しければ全てを親が出してくれるわけではないです。教材や資格の取得など、お金のかかることは多く、友人との交際費などもかかります。

 

たまにはいき抜きもしたいので、遊ぶお金も必要となってきます。親が学費の支払いで手一杯だとお金を借りるのも気を使います。学生はお金をもっていないので、すぐにお金が必要になった場合には困ります。

 

学生はお金を稼いでいるわけではないので、銀行でお金を借りることは難しいですが、消費者金融では学生にはアルバイトの収入があれば貸してくれる所もあります。

 

お金を借りるあてがないならば、自分でアルバイトをして稼ぐ方法があります。アルバイトとしての収入があれば、すぐにお金が必要となった場合でも、消費者金融などからお金を借りることが可能です。


短期アルバイトをしたい理由

 

今、どうしても行きたいアーティストのライブがあります。しかし、おこずかいでは行く事ができない状態で、すごくショックでした。母にもお金の相談をしたのですが、受け入れてくれない状態で、どうしようか考えていた所です。

 

ライブに行こうと思ったら、これからアルバイトでもして、お金を用意するしかないと思っています。アルバイトは、ちょっと勉強ができない状態になったらと思って、避けていた部分もありました。しかし、ライブに行く為には、もうアルバイトをするという方法しか残っていません。

 

自分で稼いで、自分の金でライブに行ければと思っています。高校生の短期アルバイトものがあるみたいなので、短期でどうにかして、ライブが行けるように一生懸命にやってみようと思いますが、ライブは待ってくれないのでとりあえずカードローンで借りることにしました。

 

アルバイトも、自分がしっかりと仕事をしなくてはいけないので、簡単に考えないようにしておきたいです。アルバイトを頑張れば、ライブに行けるのですから、そのために頑張りたいと思います。

 

学生時代は割と勉強で忙しい生活をしていたので、夏休みこそ私にとってはアルバイトで稼ぎ時でした。短期集中型で夏休みにリゾート地に行ってアルバイトをしつつ、旅行気分も味わいながら仲間とワイワイ働くのが好きでした。

 

大学のある長期休暇以外の期間のアルバイトは、日雇いのアルバイトをしていました。就職活動中などはどちらのアルバイトの方が好きかと問われることが多かったのですが、私としてはどちらの働き方も好きでした。

 

日雇いバイトはさすがにリゾートバイトのような開放感はありませんが、色々な業種や職場を経験できるのが楽しかったです。色々な職場を自分の目で見て体験できるのは、学生の特権だと思うので日雇いバイトを経験していて良かったと思います。

 

社会人になってからはあまり経験できないことですからね。もう一つ日雇いバイトの良かった点を挙げるとすれば、色々な人に出会えたということです。リゾートバイトは学生が多かったのに対して日雇いバイトは年代もバックグラウンドも様々で毎回刺激的でした。